年季の入っている女は良いね

元から熟女が好きだったのだが、風俗を利用するようになってからますます熟女が好きになった。
40手前になる女は実に最高で、若い女のように肌のハリはないが独特の艶かしさがあり、また長年働いてきた実績があるのでテクニックの方も抜群だ。
年も近いということがあり会話をしていても楽しむことができ、正に風俗の理想の楽しみ方ができているような気がする。

ただ、これはあくまでも長く続けてきた女だからいいのであって、最近景気が悪いからと風俗で働き始めた新人の熟女というのはやはり駄目だ。
この辺になると技も無ければ会話もつまらないということが多くて、全く楽しむことができない。
いくら熟女が好きだからといっても、何のとりえもないのであれば当然若い女のほうが良いのだ。
年季の入った女がいいというのは、それまでの風俗人生が垣間見える所に良さがあるのだからそのような過去のない女というのはつまらない。
それなら、過去はなくても若さはある若い子が良いということになる。
一般的に風俗は若い女が好まれるものではあるが、このように年季の入った女と人生を感じながら楽しむことができるのが風俗の良さの一つではないだろうか。
年をとったらそれだけ良さが出てくるのも、風俗なのである。